• English
  • 日本語

Paul’s ブログ

2020年2月3日
2020.02.03

節分という言葉は旧暦の大晦日に当たる日で「季節を分ける」という意味があるそうで、冬の節季から春の節季に変わる節を分ける日のため節分と呼ばれています。

 

この行事は新しい年が始まる前日に清め新しい年を迎えるための儀式として「鬼は外 福は内」の掛け声で福豆と呼ばれる煎った大豆を撒いて年の数だけ豆を食べる節分の行事を行うようになりました。

ちなみに掛け声の「鬼は外(邪を払う)福は内(幸せを呼び込む)」という意味です。

 

ひがし茶街の近くの宇多須神社の「節分祭」ではひがし茶屋街の芸妓衆が踊りを奉納して境内で福豆をまきます。また樽酒のふるまいなどもあります。

金沢城からみて鬼門にあたる宇多須神社は方除・魔除・鬼門鎮護の神社のいわれがあります。